女性・主婦向け

調剤薬局事務の資格の取り方3選|おすすめの学習方法は通信講座?

調剤薬局事務の資格の取り方が知りたい。

それと、調剤薬局事務の資格を取るための条件なども。

そんな疑問に答えます。

調剤薬局事務の資格7選

調剤薬局事務の資格は以下の7つがあります。それぞれ資格を取るための条件などが変わってきます。

  • 調剤事務管理士
  • 調剤薬局事務検定試験
  • 調剤報酬請求事務技能認定
  • 調剤事務実務士
  • 医療保険調剤報酬事務士
  • 調剤報酬請求事務専門士
  • 調剤薬局事務資格

この7つの中には、資格を認定する団体が実施する試験に合格しないと取得できな資格があります。

要するに、その団体が実施する「認定講座の受講者」しか受験できない資格になります。

つまり、以下の4つの資格は独学で頑張っても受験資格がないため、受験でいないということになります。

必ず以下の資格試験を実施している団体の講座を受講が必須っていうことになります。

  • 調剤報酬請求事務技能認定
  • 調剤事務実務士
  • 医療保険調剤報酬事務士
  • 調剤薬局事務資格

で、何にもとらわれない「独学」で受験できるのが以下3つの資格になります。

  • 調剤事務管理士
  • 調剤薬局事務検定試験
  • 調剤報酬請求事務専門士

この点を踏まえて、どの資格を取るのかを検討することになります。

ただ、独学以外の調剤薬局事務の資格は、その団体が行う検定試験に合格すればいいので、ある意味合格基準が緩かったりします。

調剤薬局事務・資格の取り方を解説

調剤薬局事務の資格の取り方として以下の4つを解説します。

  • 独学
  • 通信講座
  • 通学制のスクール(講座)

順番に説明していきます。

独学

独学の場合は、一番コスパが良い分、テキストや無料動画などだけで学習をすすめなければなりません。

そのため、確実に一発合格を狙うのであれば少々リスクが高い気もします。

資格取得に必要な費用はテキスト代と受験料のみ。とにかく安く資格を取得したいという人に向いています。

通信講座

通信講座は、さまざまな講座がありますが、どれも内容は似たり寄ったりで、スムーズに理解できるように構成されたカリキュラムと教材などが特徴です。

自分のペースで無理なく進められるため、通勤、通学などのスキマ時間を利用して学習する人が増えてます。

教材のテキストには、DVDやオンライン動画などが付属しているケースも多く、ビジュアルを駆使したメリハリのある学習が可能です。

添削指導や質問などは、その通信講座会社によってまちまちですが、さまざまなサポートが受けられるため、疑問点に悩み続けることもありません。

独学よりはお金もかかるしコスパはよくありませんが、確実に合格を狙うならかなりおすすめす。

おすすめの通信講座

ユーキャン
キャリアカレッジ
たのまな
日本医療事務協会
ニチイ学館

調剤報酬請求事務技能認定→まなびねっと

通学制のスクール(講座)

通学制のスクールは、学校のような授業なのでほかの学習方法と比べて最短で資格を取得できる可能性があります。

また、通学に時間がかったりスケジュール的に厳しかったりなど、スキマ時間に、、、なんてことはできません。費用が多くかかることもデメリットの一つです。

調剤薬局事務の資格について

調剤薬局事務の資格はたくさんあり、本記事でも7つの資格を説明しています。

その資格すべてが民間資格になり、国家資格ではありません。

だからと言って、国家資格じゃなければ意味ないじゃん!って思いがちですが、そんなことはなく、むしろ調剤薬局にかかわる人ならほぼおぼ知っている有用な資格だったりします。

調剤薬局事務の仕事は、未経験・無資格でもできることを別記事で解説しています。

調剤薬局事務求人って未経験でも大丈夫なの?【結論】大丈夫です調剤薬局事務の求人募集があったけど未経験でも大丈夫なのでしょうか? それと調剤薬局事務の資格がないと働けないの? そんな疑問...

しかし、未経験者優遇など掲載されていても、実際に欲しいのは「経験者」や「知識のある人」だったりします。当然と言えば当然ですが、、。

調剤薬局事務の資格を持っていると、自分の能力を証明することができます。持っていない人と比べられたときに、「この人のほうが良さそうだな」と思われやすいのです。

未経験で調剤薬局事務の仕事を目指すなら、資格の取得をおすすめします。

調剤薬局事務の資格を選ぶ基準

調剤薬局事務の資格はたくさんあるため、その取り方は勉強方法により異なります。

資格の内容も検討し、どの資格にするか?あまり合格率の高いものは履歴書に書いても意味ないなど、努力が無駄にならないようにしなければなりません。

では一体どの資格を選ぶのか?調剤薬局事務資格を選ぶ基準をいくつか紹介します。

履歴書に書けるものを選ぶ

時間とお金をかけて勉強しても、それがあまり意味がなかったら今までの苦労が無駄になってしまいます。

そうならないように、調剤薬局事務の資格取得において、履歴書に書ける意義があるもの、「就職・転職に有利か?」どうか、ということを前提に選びましょう。

さまざまな資格の中には、履歴書に記載してもあまり意味がないものもって多数存在します。

そのため、誰でも取得できるような難易度が低く、合格率の高いものは避けるべきでしょう。

ある程度の難易度があり、合格率もそこそこの資格を選べば間違いないでしょう。

調剤薬局事務の資格の取り方講座のまとめ

調剤薬局事務の資格の取り方は、独学や通信講座、スクールなどさまざまあります。

本記事で解説した7つの調剤薬局資格のうち、4つは通信講座を受講しないとその資格を受験できないようになっていたりします。

それってどうなのか?って感じですが従うしかありません。

そんなにお金をかけずに独学で調剤薬局事務の資格を取るという人は、以下の3つになります。

  • 調剤事務管理士
  • 調剤薬局事務検定試験
  • 調剤報酬請求事務専門士

 

以上、を踏まえて調剤薬局事務の資格の中でも、どれを取るのか?をしっかり検討する必要があります。

最後までお読み下さりありがとうございました。