女性・主婦向け

調剤薬局事務求人って未経験でも大丈夫なの?【結論】大丈夫です

調剤薬局事務の求人募集があったけど未経験でも大丈夫なのでしょうか?

それと調剤薬局事務の資格がないと働けないの?

そんな疑問にお答えします。

調剤薬局事務の求人は未経験者の募集もあり

調剤薬局事務の求人って結構あります。

で、求人募集の際は特別な資格を必要としません。さらに「未経験者歓迎」とか、わりとゆるめな求人があったりします。

実際の調剤薬局事務求人募集(キャプチャー)

未経験者の場合、最初は医療や調剤に関する知識も経験もないとこから、用語や薬の名前を覚えることなど、勉強することは山ほどあります。

なので、あまり簡単に考えてると、挫折してしまう可能性があったりします。(あくまでも個人的見解ですが、、、。)

調剤薬局は全国どこにでもあるので、自宅の近くでも働ける可能性は高いです。

特に女性の場合は、家事との両立がしやすことから調剤薬局事務は、かなり人気の高い職種だったりします。

結論として、調剤薬局事務は未経験の方で働くことが可能です。もちろん努力は必要になりますが、、、。

と言ってもやっぱり経験者優遇?

現状、調剤薬局事務は人気のある職種です。

なので、当然ながら求人の倍率は高かったりします。そうなればどうしても未経験者よりも実務経験がある人の方が採用されやすかったりします。

そこで、調剤薬局事務の資格が生きてきます。

調剤薬局事務は、資格がなくてもできる仕事です。なので求人に応募することもできますので、資格がない経験者との戦いになる可能性もあったりします。

経験がない分、資格で補えればむしろ有利になるかもです。

資格の必要性

前述したように、調剤薬局事務の資格は持っていて損はないです。むしろ転職、就活の際の大きなポイントにもなったりします。

最近では、調剤薬局事務と登録販売者の両方の資格を取る人が増えているようです。薬剤師にはなれなくても、薬局関連の資格取得ができると、今かなり評判の国家資格です。

民間の認定資格などとは格がちがいます。国家資格なのでもちろん国家試験になります。

それでけ難易度もあがりますが、一生ものの資格になるので仕事も一生携わることができます。

この道の仕事に就くなら、資格は必要といえますね。

登録販売者の資格取得に向けた動き方【通信講座一択です!】登録販売者の資格取得に向けた学習方法は、通信講座がおすすめですよ。という内容です。なぜ通信講座がおすすめなのか、その辺を詳しく解説しています。...

調剤薬局事務の種類


調剤薬局事務の資格と言っても、何種類かあります。医療事務もそうでしたが、主催する団体などによってその名称が変わったりします。

おもな調剤薬局事務の資格は以下の通りです。

  • 調剤事務管理士
  • 調剤報酬事務技能認定
  • 調剤報酬請求事務専門士

どれを選んでいいか迷うと思いますが、基本的な一般的な資格としては「調剤事務管理士」になります。

また、調剤薬局事務の仕事として「レセプト業務」がありますが、このレセプト業務の資格手当を狙うなら「調剤報酬事務技能認定」「調剤報酬請求事務専門士」の2つの資格がおすすめです。

一般的な調剤薬局事務の年収は?


調剤薬局事務の未経験の方や資格がない方でもわりと働くことができるとして人気ですが、その年収は、一般的に言われているのが約250万円~300万円程度です。

まだ新しい職種なので、昔から働いてるいわゆる「ベテラン」がまだいないということも、年収が低い要因と思われます。

さらに、わりと女性が多い仕事になるので、パートやアルバイトなど正社員で雇用されるケースもまだ少ないかもしれません。

そういったことから、年収が低めになっているかもですね。

調剤薬局事務の雇用形態

では、雇用形態によってどれくらいのお給料をもらえるか?あくまでもざっくり一般的な内容になります。

正社員

正社員の場合、年齢や条件、家族構成などによってそれぞれ異なりますが、一般的な平均額としての手取り給与は約20万円くらいです。

正社員の場合、扶養している家族や雇用保険、健康保険が給与から差し引かれるため、手取り額がわりと減ったりします。

パート・アルバイト

パート・アルバイトの場合は時給になりますが、平均時給は約1,000円ほどです。って、普通の店舗のレジ打ちなどと比較した場合、時給は高めだったりしますね。

厚生労働省が定めている「地域別最低賃金」では、東京都が1,013円、最も低い鹿児島県で761円と地域によって格差がありますが、調剤薬局事務の時給はこの最低賃金とほぼ同額となります。

派遣社員

派遣社員の時給の相場は平均1,500円~1,800円になります。

派遣社員の場合、ほぼほぼ経験者なので仕事内容は正社員とほぼ同等です。

なので時給で比較すれば、パートアルバイトよりは高くなります。

【本音】調剤薬局事務は未経験で通用するの?

未経験で通用するかどうかはあなた次第です。

最初はわからないことだらけでしょうが、研修や正社員の方に仕事を教わることは普通です。

教わったことをしっかり覚えることでスキルアップしていきます。

これは調剤薬局事務に限らず、何の仕事でも同じですね。

ただ、レセプト作成業務に関しては、資格があっても実務経験がない場合はじめのうちは戸惑いもあるかもですが、そこは先輩なり上司なりにしっかり教えてもらいましょう。

ここのセクションは重要な仕事になりますから。

薬の名前と種類を覚えるのが大変

これは、覚えるしかないです。

気を付けなければいけないのが、1~2文字違いの薬が多々あります。

それだけど薬の内容が変わるので、間違えたら大変なことになります。

もちろん最終確認はしますが、基本カタカナの薬が多いため、気を抜かずしっかり覚えるしかありません。

人の健康と命に係わるお仕事です。「調剤」という名前の響きに憧れて気軽な気持ちで取り組めるような仕事ではないということを頭に入れておきましょう。

調剤薬局事務への転職のメリット

調剤薬局は全国どこにでもあり、常に求人募集をしている印象があります。

専門職になるので、基本的に就職先の選択に困ることはないと思います。

また、正社員ではなく短時間だけ働きたいという場合など、パートやアルバイトとしての求人募集も多い職種ですので、わりと再就職しやすかったりします。

特に時間制限のある主婦には人気ですね。

調剤薬局事務の仕事に就けば、薬剤や病気の知識も自然と身に付きます。先輩にあたる薬剤師の方に、薬についてもいろいろ教えてもらえたりもする可能性があります。

これって、日常生活においてはかなりのメリットになります。

今後はさらに高齢化が進んでいくことが予想されます。

また、医薬分業の進行と共に調剤薬局の需要が高くなっている現状を考えると、これからさらに調剤薬局事務の仕事の需要も増加していくことがわかりますね。

それを考えると、今のうちに調剤薬局事務としての実務経験を積み、また、関連する資格を取得したりすることで、かなり将来性が安定していると言えます。

調剤薬局事務求人って未経験でも大丈夫ですのまとめ

調剤薬局事務の求人は、未経験でも働けますが資格を取得しているとさらに有利になります。

実務経験がない分、資格で補いあとはしっかり学びながら仕事をするだけです。

たま、登録販売者などの薬局系の資格を取得することで、さらなる将来性の安定が見込めたりします。

調剤薬局事務のお仕事は、超高齢化社会に向けてこれからのニーズに応える仕事です。

最後までお読み頂きありがとうございました。