医療事務

キャリカレの医療事務資格試験について深ぼり調査【メリット多数】

キャリカレで医療事務の資格をとろうか考え中です。

キャリカレだと在宅で試験を受けられ、万が一おちたとしても再チャレンジできるようだから。

それと受講料も他と比べると安いの申し込もうと思うけど、試験自体はどうなんだろう?むずかしいのか知りたいです。

そんな疑問に答えます。

キャリカレの医療事務試験はわりと簡単

【公式】キャリカレ医療事務はこちら
医療事務の資格は100以上あると言われています。
各実施団体が認定するわりと新しめのものから、何十年も前から認められてる資格まである意味乱立状態です。

その中で、キャリカレの医療事務資格試験は、3か月の受講を修了してから実施するわけですが、試験は自宅でやります。

また、今まで勉強したテキストをみながらやってOKなのです。これって試験といえるかどうか?は別として、それが認められてる以上OKなんですね。

合格基準は70%以上なので、70点以上とれば合格できます。

テキスト見ながら、監視もないのでこの状況で70点以上とれないほうが疑問だったりします。

なので、ほぼほぼ合格はできるかと思います(あくまでも私yontaro教授の主観ですのが。。)

3か月間の学習カリキュラムは以下のようになります

[1ヶ月目]
保険の基礎・医療保険制度

<学習項目>
・医療保険の考え方
・医療保険の基本的しくみ
・医療保険の種類
・被保険者証(保険証)の見方
・患者負担を軽減する医療保険
・給付率と患者負担
・医療保険以外の医療保障
・労災保険制度 ほか
[2ヶ月目]
点数の取り方(カルテ・レセプト)基礎

<学習項目>
・初診料・再診料
・医学管理等
・在宅医療
・往診料
・投薬
・院内処方
・注射
・処置
・リハビリテーション ほか
[3ヶ月目]
点数の取り方(カルテ・レセプト)実践

<学習項目>
・検査
・手術
・麻酔
・画像診断
・エックス線診断料 ほか

このような流れで3か月間しっかり学習に取り組むわけですが、試験の時にはここで使用したテキストを見ながらできます。

ので、忘れていたことも確認できたりします。

【公式】キャリカレ医療事務はこちら

キャリカレが選ばれる5つの理由

  • 1.短期学習で資格取得:学習期間はわずか3ヶ月!学習は1日たったの2ページでOK!働きながらはもちろん、産休の間に取得!という方でも、どなたでも集中して学習に取り組めます。
  • 2.わかりやすいテキスト&映像講義:医療保険制度やレセプトの計算など、医療事務で学ぶものは専門的な内容が多いです。キャリカレは医療事務の「わかりやすい」にこだわったスマホを使った質問システムなどの教材が好評です。
  • 3.マンツーマンの万全サポート:専任講師・専任サポーターのもと一緒に学べ、わかりやすくて丁寧な指導が人気の「質問&添削指導」あり。
  • 4.職務経歴書作成サービス+面接合格ガイドブック:履歴書作成のプロが書類選考にパスするための職務経歴書を代行作成します。また「面接合格ガイドブック」では面接で必要なポイントと事前情報が届きます。
  • 5.リーズナブルな受講料金:他の医療事務通信講座と比較するとかなり安価で、ネット申し込みには31,900円(税込)です。

キャリカレ医療事務資格試験概要

受験資格 JADP指定の認定教育機関の全カリキュラムを修了した者で、カリキュラム開始後から1年以内に受験する者。
審査対象 医療事務についての専門的知識と技術力が審査の対象
資格名称 医療事務
資格日程 カリキュラムを修了後、随時、自宅にて受験
実施時間 時間制限なし
受験料金 5,600円(税込)
合格基準 得点率70%以上
実施団体 一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)

キャリカレ医療事務試験のまとめ

キャリカレの医療事務試験は、受講修了後に自宅で実施します。その際、学習で使用してきたテキストをみながら受験することができます。 また、試験の制限時間も特にないので、心ゆくまで試験に取り組むことができます。ある意味わからないことはその場で調べて記入することが可能だったりします。 合格基準は70点以上です。これだけ調べられれば100点取れそうな勢いだったりしますが、最低でも70%正解すれば合格できます。

正直、この試験のやりかたに意味があるのかどうか?疑問だったりしますが、これがキャリカレの医療事務試験の内容になります。

なので、試験に合格できるか不安を抱えているなら、ほぼほぼ合格前提と思ってもよいと思ったりもします。 ただ、それでも不合格の場合は再チャレンジが可能です。

ある意味、マリオブラザースできのこに1回やられても、マリオは再復活しますが、ちょうどあのような感じではないでしょうかw?

ただ、マリオは3回復活できますが、キャリカレは1回だけです。なので予備マリオがひとりいるような感じですね。

マリオをたとえるとか思考が古いですが、そう思えば気持ちも楽に受験できるかと思います。

ただ、自宅受験のデメリットは、お子さんがいたりした場合、横やりが入り試験に集中できないなど、その受験環境にもよります。

試験の途中に来客や家電が来た、などある意味邪魔されると集中力が途切れたりします。 なので、夜中に受験するとか外部を遮断できる時間帯を選ぶなど工夫すればクリアできる問題だったりします。

キャリカレの医療事務資格試験を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

【公式】キャリカレ医療事務はこちら

最後までお読みくださりありがとうございました。