Web系+プログラミング

Webデザイン副業の始め方 – 初心者OK!スキルアップの手順を解説

Webデザインの副業の始め方が知りたい。

実際に初心者でもWebデザイナーとして仕事ができるのか?
実務的なところも知りたいです。

そのような疑問に答えます。

Webデザイナーは人気の職業


Webデザイナーは本業としても副業としても、現在かなりのニーズがあるお仕事です。

なので、Webデザイナーを副業として始める方も最近増えてますね。

それで、今までWebデザイン系を全く学んでいない初心者や、ブログやサイトを作ったことがない人が、1からWebデザインを学び、それを仕事として収入を得ようとするには、ぶっちゃけ無理。とは言いませんが相当な時間がかかると思います。

その理由は、Webデザイナーになるには、下記で説明しているものをすべて覚えて形にしなければなりません。

そこには、かなりのスキルが必要になってきます。

例えば、ブログの文字色を黒⇒赤に変えるだけでも、初心者にとっては最初は戸惑うと思います。

Webデザインをするってことは、その数百倍のスキルが必要になるからです。

さらには、今現在Webデザイナーを本業としてお仕事をされている方って結構多いです。

しかもフリーランスでお仕事されてる方は、営業まで戦略をもってやられているので、きめ細かな仕事内容だったりします。

それがクライアントの顧客満足度になり、リピーターに繋がっていくからです。

ある意味、そういうレベルの高いプロの方と真っ向から戦おうという事になるわけですから、全くの初心者がその土俵にあがるのは正直難しいと思います。

とは言え、ある程度時間をかけて勉強し、ワードプレスでブログの1つでも立ち上げて、それなりにクオリティの高いものができれば、知り合いの繋がりで仕事をもらえたりすかもです。

Webデザイナー初心者の方はまず、Webデザインのお仕事ってどういうことをしてお金をいただくか?そこをしっかり理解しなければなりません。

また、何をどう学ぶのか?独学でやるのかオンラインスクール的なところで学ぶのか、その勉強の仕方はさまざまですね。

Webデザインで収入を得るためには?


どこまでのスキルが必要かもしっかりと把握しておかなければなりません。

ただ、本気でWebデザインを勉強して、副業として収入を得ようとするなら、やってやれない事はありません。

まずは、基礎からしっかり学ぶことです。いきなり仕事ができるレベルまではいかないと思いますので、基礎から応用までしっかり学んで実際に手を動かせるところまで行くことが最初の目標だったりします。

以上のことから、初心者レベルの方がWebデザイナーを副業として始めるには、かなりの覚悟をもってまずは基礎から学ぶ必要があるという話しです。

とは言え、Webデザイナーとして副業をやると決めたなら、それに向かって突き進むだけです。

次からWebデザイナーの副業の始めた方を解説していきます。

Webデザインと言っても仕事の幅が広い


Webデザイナーの仕事内容は、企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトやブログのデザインを制作するというものです。

ただ単に制作すればいいって事ではなく、クライアントが思い描いているデザインに、いかに合致できるように制作するかがポイントになってきます。

それには、サイト全体の構成を考え、また使いやすさなどの魅力が伝わるようなデザインを制作したりします。

特にフリーランスのWebデザイナーの場合は、仕事の案件を獲得しなければなりません。

それには、自己PRからの営業活動や企画まで携わる場合もあり、一般的に企業に勤務するWebデザイナーよりもスキルアップが必要とされます。

Webデザインのお仕事例

  • コンテンツ企画提案・実施
  • 進行管理・調整
  • サイト制作(コーディング)
  • サイト更新(コーディング)
  • 記事作成・校正
  • デザイン作成・編集(Photoshop)
  • デザイン作成・編集(Illustrator)
  • Flash制作

など

Webデザインを仕事とするための最低限スキル

Webサイトのデザイン

  • 「Illustrator」
  • 「Photoshop」
  • Webサイトのコーディング

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • その他

  • WordPress
  • などなど、身に着けるスキルはこのほかにも多数あります。

    また、Webデザイナーはデザイン能力に加えて、クライアントとの打ち合わせなど、人と接する機会も多かったりします。

    そういった意味では、コミュニケーション能力も問われる仕事といえます。

    厚生労働省が提供する「職業情報提供サイト」では、Webデザイナーの業務について詳しく紹介しています。
    >こちらのページで見れます

    Webデザイナーになるための手順まとめ

    Webデザイナーとして仕事をするために必要なスキルを上記で説明しました。

    全くの「0」からのスタートの場合、独学ではじめるなら1年は見ておいた方がいいですね。もちろん個人差にもよりますが。

    通信講座やオンラインスクール等でも半年以上はかかると思います。こちらも個人差ありですが。

    自分がどの方法でWebデザインを学ぶか、まずはそこから決めて早速はじめることです。考えていただけでは前にすすめませんので。

    独学が無理という方はこちらのスクールをおすすめします。
    >TechAcademy

    以下の記事を参考にしてください。

    Webデザインを独学でまなぶ初心者のための学習ガイド【最新版】Webデザインの独学勉強方法を知りたいですか?できるだけお金をかけずにWebデザイナーになりたい!そんなあなたのためのスキルアップ勉強法を解説しています。これからWebデザイナーを目指す方必見のブログです。...
    Webデザインスクール・オンラインで学べるコース別おすすめ6校Webデザインスクール・オンラインで学べるおすすめのスクールが知りたいですか?当ブログではWebデザインを目的別に学ぶおすすめのWebデザインオンラインスクールを解説しています。Webデザインスクールをオンラインで検討している方必見の内容です。...

    Webデザイナー副業の始め方


    Webデザイナーの副業での働き方は、ざっくり分けると3つあります。

    • 1.フリーランス(自分で仕事を獲得する)
    • 2.特定の企業と契約
    • 3.クラウドソーシングを利用

    1.フリーランス(自分で仕事を獲得する)

    この場合、自分で営業して仕事を獲得しなければなりません。自分を売り込む際には「ポートフォリオサイト」を用意しておくと便利です。

    簡単に言えば、自分の制作サンプルを見れるサイトですね。私はここまでのサイトを作ることができます。みたいな感じです。

    それを作っておけば、SNSやSEOなどのWeb上での宣伝にも使えます。とにかくお客さんがいなければ収入には繋がりませんので。

    ここならでもお仕事の依頼がありますよ。↓


    2.特定の企業と契約

    この場合、企業雇用ではなく業務委託や下請けの仕事になります。

    最近は、副業向けの案件を紹介してくれるエージェントも増えています。

    個人でそういう企業を探すのも一苦労だと思いますので、そういったサービスを積極的に利用していくのも収入を得る近道だったりします。

    3.クラウドソーシングを利用

    クラウドソーシングの仕事形式は以下の3パターンがあります。

    • 1.プロジェクト型
    • 2.タスク型
    • 3.コンペ型

    1.プロジェクト型:仕事募集に応募し発注者側が応募者を選びます。その際にポートフォリオが必要になってきたりします。

    2.タスク型:仕事募集に応募し、指定作業をこなせれば報酬が得られる型です。わりと多めの作業に多めの人数の募集があります。

    3.コンペ型:コンテスト形式で提案募集に応募し、複数のワーカーとの戦いになります。そこで発注者から選ばれれば見事お仕事獲得というながれです。

    ここはあなたのセンスとスキルが試される場所です。

    おすすめのクラウドソーシング

    クラウドワークス


    ビズシーク


    クラウディア


    などなど、さまざまなクラウドソーシングサービスがありますので、是非試してみて下さい。

    Webデザイン副業の始め方・まとめ

    初心者がWebデザインの副業を始めるには、基礎から応用までのスキルを身に着けてからじゃないと、仕事としてなりたたない。

    独学でもいいけど、本気でしっかり学ぶならスクールに通うことをおすすめします。
    ⇒おすすめWebデザインスクール

    とにかく経験なしでは信頼性に欠けるので、実際の経験を積むことをおすすめします。

    最後までお読み下さりありがとうございました。