登録販売者

登録販売者資格試験の合格率はどれくらい?【難易度と合格ライン】

登録販売者資格試験の合格率・難易度・合格ライン

合格率

登録販売者の資格試験の合格率は全国平均で40~50%です。

正確には都道府県ごとの実施のため、年度や各自治体によって合格率は変動します。

難易度

受験者の上位何名が合格というようなルールはありませんので、合格基準(下記合格ライン)をクリアすることが大事です。

合格率から言えば約2人に1人は合格する計算になります。

厚生労働省が作成した「試験問題の作成に関する手引き」に沿った内容が出題されるため、この内容をしっかり理解し問題を解けるようになれば、合格する可能性は高くなります。

合格ライン

120問(1問1点)84点以上が合格ラインです。
(登録販売者資格試験は原則、全体の7割以上得点すること

各科目(5科目)3.5割もしくは4割(都道府県により異なる)以上得点するという条件有)

登録販売者資格試験の出題範囲と問題数

出題範囲は各都道県により異なりますが、基本的に下記のようになります

  • 医薬品に共通する特性と基本的な知識【20問】
  • 人体の働きと医薬品【20問】
  • 主な医薬品とその作用【40問】
  • 薬事に関する法規と制度【20問】
  • 医薬品の適正使用と安全対策【20問】

問題数は計120問になります。

基本的には、出題範囲・問題数は全国共通ですが、各都道府県によっては
午前と午後では出題項目が異なったケースがあるようです。
受験される都道府県の過去問はしっかりチェックして万全な体制で臨みましょう!

登録販売者資格試験の2021年の日程と申し込み期日

2021年1月25日現在、各都道府県で行われる登録販売者資格試験の日程は決まっていません。
新型コロナウィルスの影響もあるのかもしれませんが、わかり次第掲載致します。

ちなみに令和2年度(昨年)の試験実施日は、各都道府県ごとに異なりますが、2020年8月26日(水)~2021年1月10日(日)の間で行われました。

申込締切日は、試験日の2カ月前となっていますが、最新情報を常に確認するようにしてください。

合格発表は各都道府県により異なりますが、試験日から1カ月~2カ月以内に、都道府県のホームページ、各都道府県の県庁等指定の場所の掲示板に掲載に合格受験番号が掲示されます。

登録販売者資格試験の受験申し込み方法手順

受験の申込みは、下記の3つの方法で申請後、受験票が郵送されてきますので、何れかの方法で申込をします。

受験申込方法

1.インターネットからダウンロード
受験希望地の都道府県のホームページからダウンロードできますが、行っていない都道府県もありますのでその際は電話等で確認して下さい。

2.直接受け取る
各都道府県の試験管轄や保健所、健康福祉センター等で受け取れます。受験希望地の各都道府県に確認しましょう。

3.郵送で受け取る
直接受け取れない場合は、各都道府県の試験管轄や保健所、健康福祉センター等に問い合わせて郵送で依頼してみましょう

申込後は受験者本人の自宅に受験票が郵送されてきますので、届き次第内容を確認して受験当日忘れずに持参しましょう。
不明な点は早急に受験票発送先に確認しましょう。

受験料金:17,600円

登録販売者試験おすすめ対策講座

登録販売者資格試験は、学歴や経験など不問のため誰でも受験することができます。
では、その試験対策の勉強はどうすればよいか?

通信講座をおすすめします。

独学で頑張る!という人もいるかもしれませんが、これだけの資格をとるわけですから、そう簡単ではありません。

しっかりとして計画性をもった試験勉強を行い、また過去問なども参考にしながら通信講座でさまざまな情報と内容を得ながら試験対策を行うことをおすすめします。

登録販売者試験対策講座

上記講座の資料請求は、各講座名をタップし詳細ページに飛んだら申込ができます。