スポーツ栄養系

スポーツフードアドバイザーとは?食を通じて勝てるカラダ作りを提案

この記事では、アスリートが日々練習した成果を最高のパフォーマンスを発揮できるようにするため、食の面からサポートする「スポーツフードアドバイザー」について解説していきます。

アスリートの食についてアドバイスする人


アスリートの勝敗を左右する食事。アスリートは身体が資本のため、毎日の食事ってかなり重要だったりします。

日々の練習に耐える肉体作りにかかせない栄養、またその栄養が何に作用するか?などなど、人間のカラダと栄養の必要性は必要不可欠です。

また、いくら練習したとしても体の疲労(疲れ)がたまった状態では、本領発揮はできません。

スポーツフードアドバイザー資格は、日本能力開発推進協会 (JADP)が認定を行なっている認定資格です。

受験するには、資格のキャリカレで開講している「スポーツフードアドバイザー養成講座」を受講し、修了することで受験資格を得て、認定試験を受験することができます。

スポーツフードアドバイザーとは?

身体のしくみや栄養素を理解し、食を通じて“勝てるカラダ”作りを提案するスペシャリストです。

スポーツフードアドバイザーには、アスリートの栄養管理に必要な専門知識をもつアドバイザーであることを証明する信頼の資格「スポーツフードアドバイザー®資格」の称号が付与されます。

スリートの栄養管理に必要な基礎知識はもちろん、栄養素とエネルギー・運動の関係、ライフステージ別の栄養と食事、目的別の食事指導、試合のための食事とレシピ、種目別の食事レシピなど、専門家として必要な能力を備えていることを証明するものです。
引用元:日本能力開発推進協会

スポーツフードアドバイザーが出来る事とは?

スポーツフードアドバイザーになると、アスリートが日々練習を重ねて身に着けた力を最大限発揮させるために必要な「栄養」「休養」「運動」などについてしっかり学びます。

その中でも「栄養」に関しては、一番メインになる内容なので、さらにスキルアップをし実践で役立つよう勉強を重ねます。

とくに勝てるカラダ作り+競技や目的別に以下3つを実践

  • 強さ:競技にあわせて体を強化
  • 調整:試合にピークを持っていく
  • タフさ:けがの防止・疲労回復

順番に深掘りしていきます。

強さ:競技にあわせて体を強化

必要になる栄養素は、その競技によって大きく異なります。たとえば「瞬発力」を必要とするサッカーの場合、筋力を強化するために筋肉を作り出すたんぱく質を多く摂り入れるメニューが必要になってきます。

ちなみにタンパク質が取れる食材としては、牛乳、たまご、肉、魚などです。

調整:試合にピークを持っていく

試合当日のコンディションを考慮すると、前日の夕食は消化に時間のかかる揚げ物や腸内にガスがたまりやすい食物繊維などは控えます。

また、試合3時間前くらいまでには食事をすませ、すばやく動ける状態を作っておくこともポイントです。

タフさ:けがの防止・疲労回復

スポーツにはケガはつきものです。そのけがのリスクを最小限に抑えることは、バランスのとれた食事と疲労回復で回避できたりします。

日ごろから十分な栄養素(淡水化物や脂質、ビタミン、ミネラル)などを摂取しておけば、大を小で済ませることが可能だったりします。

スポーツフードアドバイザーは、こういった事もしっかりと学んで資格を取得しているので、アスリートをトータル的にサポートできます。

スポーツフードアドバイザーの仕事フィールド


スポーツフードアドバイザーの有資格者の活躍の場はさまざまです。

  • スポーツジムのインストラクター
  • スポ小の指導者
  • 部活の指導者
  • アスリート系料理教室の講師
  • スポーツチームのコーチ
  • スポーツチームの専任栄養アドバイザー

など、かなり幅広く活躍できますね。

また、アスリート本人がスポーツフードアドバイザーの資格を取得するケースも増えてますね。

自身の最高のパフォーマンスを出すために、自分で食事のメニューを考えるなど、そうなればかなり有利になってきます。

その他、子供のためにスポーツフードアドバイザーの資格を取得して、子供のTPOに合わせたお弁当メニューなどに活用している親御さんも多いです。

スポーツフードアドバイザーとは?まとめ

スポーツフードアドバイザーとは、栄養素とエネルギー、運動の関係やライフステージ別の栄養と食事、目的別の食事指導、試合のための食事とレシピ、種目別の食事レシピなど、アスリートの栄養管理に必要な専門知識をもつアドバイザーであることを証明する資格です。

一般財団法人 日本能力開発推進協会が行う教育訓練において全カリキュラムを修了後、在宅で行う検定試験で一定の得点を得ることで資格を取得できます。

また、アスリートのパフォーマンスを最大限引き出すための食事のレシピや、けがの予防のための栄養学、さまざまなスポーツにおける栄養素のチョイスなど、かなりハイレベルな内容だったりします。

スポーツフードアドバイザーの資格取得までは、約4カ月間の学習期間が必要だったりします、そこをクリアできればはれてスポーツフードアドバイザーとして活躍できる日もそう遠くはないですね。

最後までお読み下さりありがとうございました。

スポーツフードアドバイザー試験・受験資格は認定講座の受講のみスポーツフードアドバイザー試験・受験資格は認定講座の受講後、修了したひとだけが受験できます。試験は自宅受験でテキストをみながら受けられます。一見楽勝パターンにみえますがその難易度は高いです。スポーツフードアドバイザー試験を検討している方必見の内容です。...