ヘルスケア

温活アドバイザーの資格取得には通信講座の受講が必須【ユーキャン】

悩んでいる人
悩んでいる人
最近CMで見かける温活アドバイザーの資格をとるのって難しいのかな?通信講座で学べば資格をとれるイメージだけど、そんな簡単に資格を取得することができるのか?知りたいです。

CMで流れてるのは通信講座ユーキャンの「温活アドバイザー講座」ですね。ユーキャンで受講してしっかり学べば温活アドバイザーの資格を取得することができます。

ユーキャン「温活アドバイザー」
詳細・無料資料請求はこちら

温活アドバイザー資格とは?

温活アドバイザーは、体を内と外から温めて冷えの改善を目指す「温活」のスペシャリストです。

「万病のもと」といわれる冷えの改善だけではなく、血行促進や、冷えに伴う肩こりや頭痛の軽減、免疫力のアップ、ストレスの軽減や安眠効果など、さまざまな健康への効果も期待できます。

第三者に対して治療・診断などを行う医療行為は一切行なえません。あくまでも温活についてアドバイスできる人を温活アドバイザーといいます。

そもそも温活とは?

温活とは、体の内と外からのさまざまなアプローチで体温調整能力を高める活動のことを温活といいます。

具体的には以下のような事を改善していきます。

  • 食事の見直し
  • 生活習慣の見直し(睡眠や入浴)
  • 体を冷やさないファッション
  • 運動
  • マッサージなどのケア

基本は、体を冷やさず温める事をポイントにおき活動していきます。

とは言え、何をどうすればいいの?ってなりますよね。そこで温活アドバイザーとしての知識を身につけることで「冷え」への対策や知識を取得できます。

温活で期待できる効果

冷えの改善は当然のこと、免疫力のアップ、自律神経のバランスをととのえる効果が期待できます。

また、冷え以外の体の不調に対しても体温調整能力を高めることで、以下のような症状の改善に期待がもてます。

  • 肩こり・頭痛の改善
  • ストレスの軽減
  • 安眠効果
  • むくみ改善
  • 美容

資格取得後は?

温活の知識は、自分の冷えを改善するセルフケアだけではなく、家族やお友達などへのアドバイスにも活かすことができます。

また、温活アドバイザーとして実際に仕事に活かしている方もいます。

おもな職種としては以下のとおりです。

  • エステサロン
  • 美容系サロン
  • ヨガインストラクター
  • 料理教室(温活)

温活を活かしてそれぞれのアドバイスを行う仕事になりますね。特に料理教室等では、体をあたためる食材を使用したレシピなどだったりします。

温活アドバイザーの仕事に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

温活アドバイザーの仕事とは?実際の求人と【温活】のニーズを調査温活アドバイザーの仕事とは?実際の求人と温活のニーズを調査...

温活アドバイザー資格試験の詳細

温活アドバイザーの資格試験を受けるには、通信講座ユーキャンの「温活アドバイザー講座」を受講しなければなりません。

なぜなら、資格試験自体が、ユーキャン「温活アドバイザー講座」のカリキュラム内にある第3回添削課題が検定試験になっているからです。

温活アドバイザー講座で学ぶことで、ある意味自動的に温活アドバイザーの資格が取得できるイメージです。

とは言え、通信講座の場合忙しくて受講できないとか、なんだかんだ受講できずに受講期間が終了してしまった~。なんてケースが多々あります。

で、とりあえず受験だけしようとか思っても、不合格なんてこともあるようです。

ユーキャンの温活アドバイザー講座では、受講期間中に限り検定試験を最大4回まで受験可能なのです。出題も講座のテキストからでるので、しっかり勉強しておけば安心なのです。

温活アドバイザー資格試験の詳細

資格認定団体 NPO法人日本ホリスティックビューティ協会
受験資格 特になし
受験形式 在宅受験
試験時期 常時受験可能
合格ライン 70点以上
試験形式 マークシート

出題内容

資格試験の出題内容は、ユーキャンの「温活アドバイザー講座」で配布されるテキストから出題されます。

学びオンラインプラスでも同じテキストなので、スマホさえあればいつでもどこででも学習することができます。

合格率と難易度

温活アドバイザー資格試験の合格率は公表されていないので、はっきりとはわかりません。ただ、合格ラインの70点は、ユーキャンのテキストをしっかり勉強しておけばクリアできる点数です。

資格認定団体の「日本ホリスティックビューティ協会」が、出題内容をユーキャンのテキストから出題すると明言しているので間違いないでしょう。

また、万が一不合格だったとしても、受講期間内なら最大4回まで受験し直すことができます。

以上のことから、合格率は「高」難易度は「低」と言えるでしょう(あくまでも管理人の主観です)

温活アドバイザー資格の勉強方法

温活アドバイザーは独学ではダメです。なんども言いますが、通信講座のユーキャンで「温活アドバイザー講座」を受講しなければなりません。

なので、勉強方法はユーキャンの「温活アドバイザー講座」を申し込んで送られてくる教材を、カリキュラム通りにこなしていくことです。

期間中に修了できる内容になってますし、添削課題がそのまま受験問題になっていたりするので、わりとスムーズに資格を取得することが出来たりします。

学習の流れ

1.冷えと温活の基礎知識を身につけます

2.「実践編」として、テキスト+動画により、温活の生活への取り入れ方を学びます。

3.レシピ集で実践しながら知識を身につけます(副教材)

4.学習の最後に、検定試験に挑戦します。3回目の添削課題が試験になります。

70点以上で合格です。合格すれば認定証が発行されます。

 

▼今だけ5,000円割引キャンペーン中!▼
ユーキャン「温活アドバイザー講座」
お申込みはこちら

温活アドバイザー講座の内容

基礎から実践まで一通り学ぶことが出来、そのまま検定試験を受けることが出来ます。

受講中、疑問質問はすぐ質問することができます(1日3回まで)

学習時間は個人差はありますが、1日30分~1時間くらいでもOKですね。あとはスキマ時間を利用してスマホで学ぶこともできますので、時間を有効活用することが可能です。

教材と受講料金

  • メインテキスト×2冊
  • 以下副教材
  • ポイントチェックDVD
  • 温活レシピ集54
  • 温活手帳
  • ガイドブック
  • 添削関連書類 他
質問 1日3回まで
添削 3回あり(添削2回・検定試験1回)
学習期間 3ケ月
受講料金(税込) 一括払い:32,000円
受講料金(税込) 分割払い:2,980円×11回 総計32,780円

※金額には、教材費、指導費、消費税、送料などが含まれます。また、分割払いの支払い期間と標準学習期間は異なります。

▼今だけ5,000円割引キャンペーン中!▼
ユーキャン「温活アドバイザー講座」
お申込みはこちら

温活アドバイザー資格のまとめ

今回は「温活アドバイザーの資格」について解説してきました。

温活は冷えで悩む方の症状を改善させる効果が期待できます。温活の知識やスキルを身につけて温活アドバイザーになるためには、ユーキャンの「温活アドバイザー講座」の受講が必要です。

受講のカリキュラムに含まれる添削が、最終的な検定試験になります。70点以上で合格です。難易度もそれほど高くはないようです。

今、女性に人気の温活アドバイザーは、受験されるかたも増えてるようです。これから温活アドバイザーを目指す方は、是非参考にされて下さい。

▼今だけ5,000円割引キャンペーン中!▼
ユーキャン「温活アドバイザー講座」
お申込みはこちら