AI

G検定とは?試験対策とその勉強方法を解説【おすすめは通信講座】

悩んでる人
悩んでる人
G検定について詳しく知りたい。ネットでググってみてAI分野の資格ってことはわかったけど、検定試験の内容や資格取得までの詳細がしりたいです。

そんな疑問に答えます。

G検定とは


G検定とは、日本ディープラーニング協会が開催しているAIやディープラーニングの基礎を学べる資格を取得するための検定試験です。

G検定ってはじめて聞く人もいるかもです。今は空前のAI(人工知能)ブームだったりするので、かなり注目されている資格です。

とは言え、まだまだメジャーなまでの活躍はなく、これから先の時代で大いに期待されている感じですね。

その将来を見据えて、今の日本にはAIに精通した人材の確保と育成が必要だったりします。

そこに目を付けたのが日本ディープラーニング協会ですね。その先の先にはエンジア向けの「E資格」という資格もあります。

G検定の概要

G検定の「G」はジェネラリスト【generalist】の頭文字です。

ジェネラリストの定義としては「基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材」とされています。

AI(人工知能)って一体何者?

AI、AIって、簡単に呼びますがその総称をご存じでしょうか?

AI=Artificial Intelligenceの事で、日本国内においては「人工知能」とも呼んだりしますよね。

AI(人工知能)とは、今まで、人間にしかできなかった知的な作業や、その他機械ではできなかった事ができるようになった機械のことを「人工知能」と呼ぶようです。

厳密な定義はないようですが、、、。

ディープラーニングって何?

現在のAI技術を支えていて、さらに発展させている根幹となる技術をディープラーニングと呼んでいます。

ディープラーニングは、日本語名で深層学習になり、人工知能・機械学習の手法のひとつです。

ちなみに過去にもAIブームがあり、そのことを第一次AIブーム、第二次AIブームとよばれてたりします。

ただその頃は、単純処理しかできませんでしたた、このディープラーニングと呼ばれる第三次AIブームでは、抽象度の高い処理が可能になってたりします。

G検定の難易度

一般的に、G検定の難易度は高いを言われていますが、具体的にどのような感じなのか?その辺を解説していきます。

G検定の出題範囲と形式

G検定の出題範囲といってもかなり広い範囲になりますね。

出題範囲を以下に列記します。

  • 人工知能の定義
  • 人工知能をめぐる動向
  • 人工知能分野の問題
  • 機械学習の具体的手法
  • ディープラーニングの概要
  • ディープラーニングの手法
  • ディープラーニングの研究分野
  • ディープラーニングの応用に向けて

主題形式としては、理系の問題もあり、暗記が必要な文系の問題もあったりと、やはり難しいかもです。

G検定の合格率

最新の2021年初回試験の合格率は73.77%でした。

過去に最低だった合格率は、2018年初回の試験で57.14%でした。

最新で73%超えているので、一見楽勝にみえてしまうかもですが、出題範囲を見るかぎり高度な数学や理論的な理解が求められる大学レベルの問題だったりします。

とりあえずAI初学者でも合格できるレベルかもですが、そう簡単にはいかないと思っておいた方がよいでしょう。

合格ラインは何点くらい?

合格ラインは非公開のようです。公式には公開されていません。

ただ、一般的に試験の内容等からみて70%くらいではないかと予想されます。

とはいえ公式に発表なっているわけではないので、受験者は抜かりなく対策が必要です。

G検定試験対策に必要な勉強時間は?


出題範囲などからみて、G検定合格に必要な勉強時間は約30時間というとこでしょうか。

単純計算で1日1時間勉強すれば、1ヶ月で完了する計算だったりします。

とは言え、勉強の内容やスピードには個人差が大きく左右します。

さらに難易度の高い試験ということが最初から分かっているなら、それだけの勉強時間では物足りないはずですね。

どのように勉強して、どのように対策するか?は、その人それぞれですのでしっかり考え取り組みましょう。

独学でやるのか、通信講座などを利用するのか?予算の問題もあるとおもいますので、より効率のいい勉強方法を無理せず行うことが重要です。

よくある質問でG検定は文系or理系?

そもそのG検定自体、微分や行列などがメインになるため数学の知識が必要になります。

なので、文系は厳しいかも、、、って思いがちですが実は暗記する部分も多かったりするので、全然文系でも合格はできるはずです。

もちろんどちらも持ち合わせていれば最強ですが、結論から言えばG検定自体文系、理系問わず合格できる内容だといえます。

なので、しっかりと試験対策をこなせば問題ないはずですね。

G検定人気講座
1.アガルートアカデミー
2.資格スクエア

G検定おすすめの勉強方法とは?


G検定に限らず、資格取得試験の勉強方法として独学と通信講座、スクールなどがあります。

今回は手軽に勉強できる独学と通信講座について解説していきます。

独学の場合

資格試験対策として独学は定番中の定番だったりしますね。

難易度の高いと言われるG検定でも、独学で合格はできるはずです。この場合テキストメインにやりこみ暗記と併用すればイケると思います。

とは言え、難解な内容が多いのは最初から分かっていますので、かなり壁にぶち当たるかもです。

特に勉強から現役引退している社会人の場合、結構大変かもです。

そういう方は、迷わず通信講座をチョイスすべきですね。

独学とは違ってカリキュラムもしっかりしているので、より合格に近づきますがその反面、受講料金が発生するのでどこまで予算があるか?などのデメリットも生じます。

とは言え、やっぱり独学でがんばるわ!って方には以下のテキストをおすすめします。

 

定番の過去問で試験対策

資格取得試験の勉強方法といえば「過去問」があります。

過去問は、いままでに出題された試験問題を解くことで、その出題傾向を掴めたり数をこなすことでその試験に慣れるなど、さまざまなメリットがあります。

ただ、G検定に限っては残念ながら過去問が販売されていません。

「G検定 過去問」でググってみてもそれらしきものはヒットしませんし、いろいろ参考書や問題集関連をしらべても一切でてきません。

そのため、特に独学の場合試験対策がちょっとむずかしくなります。

G検定の通信講座

資格取得の通信講座というと「ユーキャン」が有名ですね。

ただ、G検定に関しての通信講座はユーキャンではなく、アガルートアカデミーと資格スクエアの二拓になります。

受講内容はそれぞれ特徴があり、Web動画メインの講義やWebテキストといったオンライン系か、通常の紙媒体のテキストを使用するパターンなのでその通信講座によって異なります。

ただ今の通信講座はかなりクオリティが高く、質問や添削問題などもあったりしてかなり内容は濃いですね。

お金払う価値は十分あると思います。

以下で2つの通信講座を解説していきます。

G検定の通信講座


ここではアガルートアカデミーと資格スクエアのG検定講座について説明します。

アガルートアカデミー

アガルートアカデミーの講師陣は、G検定に限らず日本最高クラスの講師が多いと高評価が多い通信講座です。

特にG検定に関しては、東京大学理学博士取得、データサイエンス専門家の「ヤン講師」が担当なので、質の高い講義を受講することが出来ます。

また、ヤン講師への質問など直接送ることができるので、直接コミュニケーションがとれるところも最大の魅力だったりします。

【G検定講座】アガルート・オンライン講座の評判と口コミを解説通信講座アガルートのG検定講座の評判を知りたいですか?東大卒の専任講師によるG検定講座は、非常にわかりやすくて丁寧だと受講生に評判です。また質問付コースを選択すればいつでも講師へ直接質問することができます。G検定を検討中の方必見の内容です。...

公式・アガルートG検定対策講座詳細はこちら

資格スクエア

資格スクエアのG検定対策講座は何と言っても講師が、日本ディープラーニング協会有識者会員「浅川伸一」さんだったりします。

これって、G検定主催団体の中の人が講師っていうことなので、講義の内容はかなり有益なはずです。なにせ主催団体の人が講師なので。。

また、浅川氏は知る人ぞ知るAI業界の第一人者だったりします。

AI関連の書籍も執筆していたりしますので、人工知能関連で浅川さんの講義を受講できるってかなり有益すぎます。

もっと深掘りしたい人は是非ググってみて下さい。

資格スクエアG検定講座詳細ページはこちら

まずは、G検定を受験しその資格を取得することだけを考え、これから受験勉強をはじめましょう。

【無料講座有】資格スクエアのG検定対策講座・おすすめする4つの理由を解説資格スクエアのG検定対策講座をおすすめする4つの理由を解説。おすすめの理由は講師の有益情報に期待できる。や、無料講義動画を受講ができるなど、受講者側のメリットを解説しています。資格スクエアのG検定対策講座を検討中の方必見の内容です。...

G検定のまとめ


今回はG検定の資格取得について解説してきました。

これからの世の中はAIが当たり前になっていくのは目に見えてますね。

ってか、すでにAIは現実社会でも使われてたりします。そのAIの資格としてG検定があります。

G検定についてまとめると以下のようになります。

  • G検定とはAIやディープラーニングについての試験
  • 内容は高度で合格率は60~70%と高め
  • 合格までには30時間程度の勉強が必要
  • 合格ラインは非公開
  • 勉強方法は独学か通信講座の二拓

これからG検定の資格取得を目指す方は是非この記事を参考にしてみて下さい。

G検定と関連したE資格については以下の記事を参考にして下さい。

E資格の難易度はめっちゃ高め?AI最難関資格おすすめの勉強方法を解説E資格の難易度はめっちゃ高めです!しかも受験資格もJDLA認定プログラム修了者のみになるのでそのハードルは高いです。AI最難関資格とも言われてますので、しっかりとした対策が必要です。この記事ではおすすめのE資格試験対策勉強方法を解説しています。...