通信講座全般

フォーサイトの口コミと評判は?合格率が高い理由を徹底調査!

資格取得のための通信講座がけっこう人気です。その中でも合格率の高い「フォーサイト」の口コミや評判を元に、合格率が高い理由を調査してみました。

フォーサイトの口コミ【SNS】と評判

資格取得

フォーサイトが選ばれる理由【特徴】

フォーサイトが選ばれるには理由があります。受講者側からみると以下の特徴が受け入れらているようです。

  • 不合格時の全額返金保証
  • コスパに優れた受講料金
  • こだわりのテキスト
  • 講師が良い
  • 質問の回答が早い
  • eラーニング マナブンがすごい

不合格時の全額返金保証

フォーサイトでは、万が一資格試験が不合格だった場合、受講料の全額返金をしてもらえます。とは言え、すべての講座ではありませんので事前に確認して下さい。

全額返金保証対象の講座は以下の通りです。

  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 宅地建物取引士
  • マンション管理士・管理業務主任者

また、返金までの詳細は以下の動画をご視聴下さい。

コスパに優れた受講料金

フォーサイトの受講料金は、他の通信講座に比べるとけっこう低く抑えられています。
だからと言って、内容が劣ってるってことは全くありませんので、そこも選ばれる理由のひとつです。
ちなみに同等の内容で「社会保険労務士」の講座を他通信講座と比較してみます。

通信講座名
受講料金
フォーサイト バリューセット3:121,800円(税込)
アガルート 入門総合カリキュラム/フル 195,800円(税込)
資格の大原 198,000円(税込)

こだわりのテキスト

フォーサイトのテキストはフルカラーで非常に見やすくわかりやすいと好評です。フォーサイト自信が「バツグンに記憶に残るテキストで学習できる」と言ってます。

紙のテキストと比べ、デジタルテキストは脳の活動範囲が狭く記憶に残りにくい

学習効果の高い紙と利便性が高いデジタル、両方のテキストを併用し効率的に学習できます。

引用元:フォーサイト公式

このように、スマホやPCでの学習だけではなく、テキストベースの教材を使う理由があるわけです。そこが高合格率に繋がっているかもですね。

講師が良い

各動画講義の講師は、もちろん選び抜かれた精鋭の講師陣です。その教え方などわかりやすく高評価の講師が多いです。
これは、SNSなどの口コミを参考にすることで確認できます。もちろん100%すべて良い評価だけとは限りませんが。

質問の回答が早い

フォーサイトを受講することで質問ができるようになります。他社では質問できない講座などがありますが、やはり勉強に質問はつきものです。わからないことは即座にクリアしておかないと先へは進めません。

フォーサイトでは、質問した内容の回答が早いと評判です。スムーズに勉強をすすめるためにも、立ち止まってる時間は出来るだけ短い方が良いですね。

eラーニング マナブンがすごい

ManaBunはスマートフォン・タブレット・パソコンなどのデバイスで学習できるアプリケーションです。manabunがあれば、いつでもどこでも場所や時間を選ばず学習できるので「スキマ時間」を有効に活用できます。

特に、通勤・通学、待ち合わせ時間などといった、スキマ時間は非常に有効に活用できます。勉強できるスキマ時間は1日平均2時間以上あると言われていますから、有効活用しない手はないですね。

manabunの機能

  • スマホ学習OK
  • 学習スケジュール作成機能
  • 進捗状況の管理
  • 講義動画のダウンロードOK
  • テキストもデジタル化
  • 一問一答形式の単語カード
  • クイズ形式ゲーム感覚の確認テスト

このように、Manabunは講座の内容をほぼほぼカバーしてますので、どこでも学ぶことができます。

フォーサイトのいまいちな口コミとデメリット

前章ではフォーサイトの良い点をあげてきましたが、とは言えフォーサイトも良い口コミばかりではありません。
ここではフォーサイトのいまいちな口コミとデメリットを集めてみました。

いまいちな口コミ

フォーサイトのデメリット

  • 質問回数の制限
  • 教材が届くまで日数がかかる
  • 全額返金保証の条件がえぐい

質問回数の制限

受講生間のサービスの公平の観点から質問数には上限があります。なお、受講生の年間平均質問数は約3回ですので、通常であれば足りないということはありません。

教材が届くまで日数がかかる

発送に関してのいまいちな口コミがありましたので、ここに掲載しておきます。その都度フォーサイトに確認した方が良さそうですね。

全額返金保証の条件がえぐい

全額返金保証には条件があります。行政書士講座の場合を掲載(引用)します。

行政書士
全額返金保証の適用条件
全ての確認テストにおいて100点を取得すること
本試験前日までにeラーニングで提供する確認テストを受けていただきます。
確認テストは受講開始後いつでも利用でき、何度でもチャレンジできます。

専用試験(学力テスト)を受験し、以下の条件を満たすこと
2021年度試験対策をご購入の方:専用試験(学力テスト)を1回受験し、得点が学力テスト受験者の上位23%に入ること
※2019年度行政書士試験、全国平均合格率11.5%の2倍を保証の基準といたします。

2022年度試験対策をご購入の方:専用試験(学力テスト)を1回受験し、得点が学力テスト受験者の上位22%に入ること
※2020年度行政書士試験、全国平均合格率10.7%の2倍を保証の基準といたします。

学力テストはeラーニング上で、受験できます。試験時間は1時間40分の模擬試験形式です。

【学力テストの実施期間について】
学力テストの実施期間は下記になります。試験が延期になった場合でも、実施期間は延長となりません。
実施期間:本試験3週間前から本試験2週間前まで
本試験において以下の条件を満たすこと
本試験にて合格基準点の9割を満たすこと(300点満点中180点で合格の場合162点以上)
足切りの点数以上を取得すること(「一般知識」で24点以上)
本試験前に必要書類を提出すること
本試験5日前までに受験票・本人確認書類のコピーと「返金申請書」を提出した上で本試験を受験してください。

本試験後に必要書類を提出・教材の返送をすること
試験結果通知書(不合格)のコピー、「返金希望」と記入したメモ用紙、教材一式、返金先口座情報を弊社へご送付ください。

以上のように、全額返金保証を受けるには、全ての確認テストにおいて100点を取得することからはじめなければいけません。結構きついかもです。
とにかく合格すれば全額返金保証をうけなくて済むわけなので、合格あるのみです!!

フォーサイトの合格率が高い理由

以下は全国平均とフォーサイトの比較になります。

合格率が高い理由4つ

  • 少数精鋭の講師陣
  • eライブスタディ機能
  • こだわりのテキスト
  • e‐ラーニングシステム「Manabun」

今まで解説してきた内容がすべて、フォーサイトの合格率が高い理由になります。
もちろんすべての人がフォーサイトの学習システムに合致するかと言えばそうではありません。
目的は合格するためですので、フォーサイトが自分に合わなかったら、別の通信講座を選べばいいだけですので、その選定は体験学習などを最大限利用して決める事をおすすめします。

フォーサイト向きな人

いままでの説明から、フォーサイト向きな人、そうじゃない人を以下に分類してみました。

  • とにかく資格取得をめざす方
  • スキマ時間を勉強に有効活用したい方
  • 通信講座の受講を迷っている方
  • テキストと動画講義の双方学習したい方

フォーサイトが向かない人

  • とにかく出費を抑えたい方
  • インターネット環境がない方
  • 添削指導を希望する方

まとめ


この記事では通信講座「フォーサイト」についての口コミや評判、高合格率の理由について解説してきました。結論は、どのように利用して自分にあった学習スタイルで資格取得をめざすか?にかかってくると思います。

教材は、通信講座事業者によってさまざまありますが、どれが正解ということはありません。とにかく目的は、取得しようとしている資格試験に合格すること一択です。そのための学習方法(手段)がどれなのか?という事です。

フォーサイトをはじめとする通信講座はそれなりにお金はかかります。大金を払ったからと言って必ず合格できるという保証などありません。

通信講座に支払ったお金は、自分への投資になるわけで有効に活用するもしないも自分次第です。やると決めた以上は、目標達成に向けわき目もふらず進むしかありません。フォーサイトでしっかり学んで目標クリアして下さい!